朝5分のFX生活「朝活FX ユーロ編」2022/6/24

この記事では個人トレーダーが生き抜くことが難しいと言われているFX相場で17年間生き抜いてきた私が、日々どのように為替相場と向き合いながらトレードしているのかを紹介しています。平日は毎日アップしていきますので、ご自身のトレード改善に役立てていただければ幸いです。

こんな人におすすめ
  • FXで利益が上げられない
  • 値動きが気になりすぎて生活に支障が出てしまっている
  • 損切りができなくて困っている
  • FXで成功している人の秘訣を知りたい
目次

ユーロ円<相場認識&トレード戦略>

ユーロ円チャート 左:日足、右:4時間足

ユーロ円は144円付近での攻防にしていましたが、押し戻される展開に。ユーロ円単体での買い要素はない認識が的中しました。

本日は4時間足100MA,50MAがサポートになるか注目したいです。ここで踏ん張ることができれば再び144円付近の攻防に戻る可能性がありますが、割り込んでしまうと日足50MAまで円高が進む可能性があると考えています。

もし日足50MA付近まで円高が進めば、中期的な目線に従って139.2円あたりから買い下がろうと個人的には思っています。
ただ、日足MACDがゴールデンクロス消滅目前であることは覚えておきたい。

ユーロドル<相場認識&トレード戦略>

ユーロドルチャート 左:日足、右:4時間足

ユーロドルは、1.034ドル台到達後の反発場面では日足50MA(赤実線)にレジスタンスされて、再び1.036ドル台までドル高が進んでいました。

現在はドル高の勢いは一度収まったかのように見えますが、日足50MAが下落してきており再度レジスタンスされるかに注目している状況です。

昨日・おとといは4時間足100MA(黄実線)に注目していましたが、やはり簡単には上抜けできない模様です。

本日も4時間足100MAに注目したいです。ここを上抜けて日足50MAを超えられれば、1.078ドル付近までドル安が進む可能性があると予想しており、その時は短期買いのチャンスかなと個人的には思っています。

以上、本日の朝活FX(ユーロ編)でした。Noteではドル円、PostPrimeではポンド円・ポンドドルの相場予想・戦略を紹介していますので、よろしければご覧いただけると励みになります。

注意:本記事の記載内容は私の個人的な相場認識やトレード戦略を公開しているものです。読者の皆さんに取引を推奨しているわけではありません。 投資実行判断は自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入っていただけたらシェアお願いします!

コメント

コメントする

目次